« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月20日 (月)

烏賊の塩辛

シオカラと言えばイカ

烏賊の身と下足、そして肝。

自ら揃えた自慢の道具。

「どうか美味しく塩辛をこさえてください。」

と烏賊の大きな瞳が語りかけます。


先ずは新鮮な烏賊選び。
大きく身が肥えた真烏賊、スルメイカとも言うのかな。

胴体が茶褐色で透明感のあるもの。
魚介類共通だが、眼が透き通ってきれいなもの。

捌くところは省略。
頑張れば初めてでも出来る。
胴体とゲソ、肝に分ける。
メンタマの付いた頭の部分も捨てない。
目玉は食べられないので取り外すが、
つぶすのは水を張ったボウルの中で。
不用意につぶすと顔や辺りに飛び散ることに。

111213imgp4220

そして、塩辛に適した大きさに切ったら、
身とゲソは多めのキッチンペーパーに包んで冷蔵庫へ。
肝には包み隠すくらいの大量の塩をして、これも冷蔵庫へ。

120220imgp4222

最低5時間は寝かせたら身はこんな感じ。
水分が抜けて、身がねっとり!

111213imgp4223

そして、ここが秘訣(お恥ずかしい)、
肝と和える前に、うっすら醤油味を付けてしまう。
そして、肝は周りの塩を洗い、絞って混ぜ合わせれば出来上がり。
基本それだけ。

何故か完成写真、取り忘れ!!\(;゚∇゚)/

Bondon_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

テーマのある鍋をプリーズ!その4

まだまだ寒い季節が続きます。
ですが、わが家の家族ほとんど風邪をひきません!

カラダを内側から温める料理、
鍋ッてっサイコウ!

その1その2その3

だから、毎日でも飽きないようにテーマを考えます!

和洋コンソメ鍋

120208imgp4932

スープはコンソメ薄めに、鰹節や昆布も入れて。
スパイスもオレガノ、タイム、ローズマリー、ローレル、サフラン
具は何でも、ベーコンやソーセージ、鱈や海老。

でもこの和洋ブイヤベース、豆腐やコンニャクが面白い。
白菜も合うしもちろんキノコ類も。

〆は、ちゃんぽん麺。


そして鍋の王様
すき焼き

120208imgp6104

お店のようにきれいにはいかないけど、鉄鍋さえ有れば感じ出せます。
甘辛のお肉を生卵に付けて、なんて誰が考えたのだろう。
肉はあっという間に子供達の胃の中へ!
イイのイイの、ネギとちくわぶと、突きコンさえ有れば。
それとわが家では薄切りのジャガイモ入れます・・・

〆はナシ!鍋、空っぽです。


サイコーに暖まる
鱈の白子鍋

120208imgp6035

この頃の季節感は八百屋よりも魚屋だな。
この鱈の白子、新鮮なのを見つけたらふんぱつして沢山買い込みます。
生鱈も入れるけど、白子が美味しすぎて完全にセリフナシの脇役。
これはポン酢で!薬味はカンズリ。

〆は、雑炊。


白菜ダクの豚しゃぶ

120213imgp6383

わが家のしゃぶしゃぶは、たいていブタ!
平均年齢高いので、大人の都合です。
それで、お肉をしゃぶしゃぶ泳がすスキマが無いほど、白菜などの野菜ダク。
出汁は、鰹、昆布、貝柱などの、魚介系。

〆は、焼き餅入れました。

ふ〜あったまった!
しかし温まる=脂肪を着ける・・・
な気がしないでも無い。

Bondon_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

SACHS MADASS ハンドル交換インプレ、アーンド…

久々のMadassの記事で、
皆さんにもコメントを頂き、
そして皆さんもMadassに飽きず、且つ、めげず!!
この寒い季節にMadassをいじって居られて
とても嬉しいです。

前回の記事の最後にも少し書いたのだけど、
この土日も乗ってみて、
改めてロー&ナローなハンドル、イイデス!
[デイトナ:ライドバー2 LOW]

ハンドル幅は6㎝弱狭まり、高さは4~5㎝下がった。
ライディングポジションは、思ったほど前傾にはならず
無理な姿勢ではない。(と言ってもdonは身長180㎝)

なんと言ってもコーナリングがとても楽しい。
フロントにほんの数パーセント加重割合が増えて、
狭くなったハンドルで腋が閉まり、
カラダ全体でバイクを抑え込むような感じに。

もっと前傾(旧50ccのような一文字ハンドル)でも、
ゼッタイに面白いと思う。


そして少しモンダイが・・・
久しぶりに全開走行をしたのだけど、
最高速(3桁)寸前に失速・・・
完全にスパークしなくなり、そして速度が落ちて復活・・・
また、エンブレ減速時にアフターバーンがスゴイ!

これなんだろう、
先ず、負圧が高まってからの失速だから
2次エアの吸気を疑った。

でこれ。
MadassのTK製キャブのスロットルワイヤー
ジョイント部のゴムパッキンに亀裂(左)。
2次エアこれか?

120213imgp6377

Spider廃車で、ほぼ1台分あるストックパーツ(右)をすかさず装着。
これで安心と思いきや、またしても失速。

そうだキャブだMJだ、と!
薄いんだと踏んで、MJ現在100を105へ・・・

しかしまたしても、失速・・・
なんでだ?

アフターバーンで薄いんだと決めつけていたけど、
マフラー変えるまでは、MJ 90前後だったのだ。
これ、濃いのかもしれない。
そう、プラグ被っての失速・・・

そうだ、そうあってくれとまた来週に・・・

P.S. そういえば yas!!さんもキャブのセッティング中でしたね、ガンバ!

よーいちさんまた出番です。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

Bondon_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

SACHS MADASS ハンドル交換

donです!

久しぶりのブログ掲載。
でも、話題が無かっただけで
決してMadassに飽きて放置していたわけではありません!
ほとんど毎週乗ってはいるし、磨きフェチのdon、
埃を被ったり、ましてやパーツを錆びさすことも無し。

でもそろそろ次のこと!

自分好みに少しずつカスタマイズしてきたわけだけど、
そもそも色んなものをそぎ落として出来たバイクMadass
このバイクのオーナーのほぼ100%が
Madassのスタイルに惚れ込んでの購入だと思うのだが、
自分がいちばん格好良いと思うMadassは、初期型の50cc

ほとんどプロトタイプのまま生まれてきたこのカタチ!

Madass

現行の50/125ccとの違いは、大まかに、
◎シート形状
◎125cc でのマフラー、エアクリーナーのインテーク
◎そして、ハンドル形状・ハンドル周り

そう、初期型の50は不評だった、
ライポジでかなりの前傾を強いられる
フラットな一文字ハンドル!

そして細部を見ると、なんと“バーエンドウインカー”
donはコレ、やっちゃいます!

SACHS MADASS Low & Narrow計画

120208imgp4891

買ってきたのは、モンゴリ/エイプ用のアルミ製ロー&ナローなハンドル。
ハンドルブレースはシンプルさを追及する指向にはそぐわないのだけど、
せっかくだからしばらく付けてみよう。


120208imgp4901_2

左右のスイッチボックスの凸が収まる穴と、
ウインカーの配線を通す穴、左右で計4つの穴を開ける。


120208imgp4910_2

ウインカーの配線は、電球切れや破損時の交換を考え根元にギボシ端子を装着。
人生初ギボシ!
実に楽しい、もっとギボすもの無いかな?・・・

120208imgp6037

左のスイッチボックス、新車で購入してすぐにチョークのケーブルの根元が
ひび割れてしまったのだが、この際新品(写真左)に交換。
細部&スイッチ形状・色などが変わった!
材質も心なしかしっかりしたものに・・・
しかし、Spiderから数えて左右のスイッチボックス交換、3回目!
“消耗品か”!!

120208imgp4962_2

点いたね!
グリップのラバーも柔らかく握りやすいものに交換。
ハンドル幅が約7~8㎝ほど狭まったので、各種ワイヤーケーブルが若干余るが、
さほど問題ないようだ。


120208imgp6083

120208imgp6067_2

120208imgp6064_3

120208imgp6060_2

今思うと、実用車並にラクラクポジションだったハンドル形状だが、
初期型MadassがMTBだとすると、現行のハンドルはママチャリ・・・

さすがに一文字ハンドルは、
ヒップアップ気味のMadassのハンドルとしては無理があると思うが、
今回のLow & Narrowなハンドル、
ナカナカどうしてしっくり来た!

腋が閉まって、車体を抑え込みやすいし
コーナリングでも、一瞬の逆ハンからストンと車体が倒れ込む。

しかしながらなんと言ってもスタイリング極まってる!

Bondon_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »