« 2012年 正月 | トップページ | テーマのある鍋をプリーズ!その3 »

2012年1月11日 (水)

赤海鼠(ナマコ)

なんせ大好き!
いつもいつも、最初にコレ食ったヤツァすげえ!と思いながら頂だく。

それでも飲み屋、料理屋で出てくる
コリッコリに硬く絞められたナマコは頂けない!

そこで、ナマコさばき歴30年の知恵と技の紹介!

120111imgp4463_1

先ずはナマコの選び方。
赤ナマコ、青ナマコがあるが、
どちらかというと赤が旨い気がする。
値段も高いしね。

大きさでは、やはり大きいものが肉厚で旨いのだが、
コロッコロに丸く太ったものはNG!
というのは、味の話しでは無く
丸いのは腹の中に海水をふくんでいるものが多く。
捌くと半分ほどに萎んでしまう。
しかも、グラムいくらで値段が付くので、
なんと海水にお金を払ったことになるのだ!

120111imgp4466_2

そして捌き方。
先ずはクチとオケツをカット!
どっちがどっちかというと、じぐじぐっとブラシ状になったほうがクチ!
そして腹(背中よりも薄い方)を一文字に裂く。
中には、とってもおいしいコノワタが入っているので慎重に・・・
流し場などに流さない様気を付ける。
コノワタの中には泥が入っていることが多いので、
指でつまんでしごき、よく洗う。
んでもって!!
コノワタは捌いた人のものと勝手に決めているので、
その場ですぐさま食ってしまう!
海鞘のような味わいの珍味。

120111imgp4469_2

そしてここからが大事!
塩で揉んだり酢で締めたりは一切しない。
流水でそっと洗い、3~4ミリ厚に切ったら、
大根おろしの絞り汁、すなわちダイコン汁に漬けてしまう。
こうすることで、生臭さがとれるが身は固くならない。
30分ほど冷蔵庫で寝かしたら器に盛って、
食べる寸前で、ポン酢でも何でも好みの味付けにして頂く!

120111imgp4478

程よく硬く、程よく柔らかい。
噛みしめるとジワッと潮の香り!

最初に戻るけど、
あ〜人類初めに食ったヤツァエライ!!

Bondon_2

|

« 2012年 正月 | トップページ | テーマのある鍋をプリーズ!その3 »

bonの料理自慢」カテゴリの記事

コメント

わー、まなこだぁ〜っ!
てか、こんなんどこに売ってますの?
このわた高いからね、私も捌いてみたいっすね。
いいなぁ、うまそうだっ! ホヤも一緒に揃えたい!

投稿: oi | 2012年1月12日 (木) 18時43分

oiサマ

コレは生協、千葉コープに普通に売ってた。
ナマコは生きたまま運べるから結構売ってるところあるね。
いまが一番旬、有ったらぜったい買っちゃう!

都会だとどうなのかな?デパ地下とかのほうが有るかもね。
でも高いか・・・

投稿: bon | 2012年1月12日 (木) 19時04分

おおーーー!
ロコなおつまみ!
こんなさばきまでやってしまうとは。
しかも30年とは恐れ入りマスター!

最初に食ったヤツすげーシリーズっていろいろありますね。
王道で言うと、うに、牡蠣・・・

しかしデザイナーにしとくのもったいない!

投稿: Tか | 2012年1月14日 (土) 10時42分

Tかさま
オシゴトいそがしそうね!
それでも深夜の夜食をわざわざ食べに行くのはえらい。
自分はコンビニ飯ですましちゃう!
食への欲求が高ければ料理も上手くなるとおもうよ。。。
ナマコや烏賊、貝類などの軟体物は捌くのカンタン!

サザエや赤貝剥くのは、浦安市場のおねーさん達に教わった。
貝剥きなんて、原始的な道具を使って・・・

投稿: bon | 2012年1月14日 (土) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279198/43707416

この記事へのトラックバック一覧です: 赤海鼠(ナマコ):

« 2012年 正月 | トップページ | テーマのある鍋をプリーズ!その3 »