« SACHS MADASS マフラー交換!03 | トップページ | SACHS MADASS ちょっと入院 »

2011年3月28日 (月)

「庭での営み」

ブログの再開へ。
たったの3週間ほどで、物事の見方がすっかりと変わってしまった。
言葉では語り尽くせない悲劇と、
現在進行形のざわざわとした不安な日々。
今直面しているのは、
スクラップアンドビルドを繰り返してきた
人類の歴史のほんの一コマなのか。
それでも変わらざるを得ない我々の行き先は、
前向きとか後退とか、進歩or衰退・・・
そんな画一的な一方向への道ではない気がする。
何年掛けて復興しても、取り返しの付かない事があるということ・・・
今皆が欲しているのは、当たり前の日常という幸せで、
有り余るほどの物を生み出せなくても、また、必要以上の消費もしなくとも、
そして今より多少不便であっても。


記事を書こうと思ったのは、我が家の小さな庭でのささやかな出来事。

3/26sat
その小さい庭の小さな池、
10年ほど前に、トンボに来て欲しくて作ったビオトープ。

110328imgp1807

35mm換算、450mmほどの望遠撮影。
ヒキガエルの営みを盗撮です。

以前にも登場した、我が家に棲む野生のヒキガエル
アズマヒキガエルorニホンヒキガエルか不明。
いつから居るのか、どこから来たのかも不明。
ここ千葉はその他の政令指定都市に比べかなり田舎だと自負しているが、
それでも快速停車駅から徒歩10分の住宅地。

どこから来たかの可能性としては、
100m先に一昔前湿地だった谷間の公園がある・・・
それと50mほど離れた元大地主の庭にどうやら古い池があるらしい・・・

それにしても、ヒキガエル夫婦がここで暮らしてくれるとは何ともウレシイ!
そして春にはベイビーが。


3/28mon朝 現在まだ抱擁中!!

Bondon_2

|

« SACHS MADASS マフラー交換!03 | トップページ | SACHS MADASS ちょっと入院 »

bonの自然観察」カテゴリの記事

コメント

宇宙から見たら
きっとちっぽけな出来事なんだろね。

だけど、
ボクらには日常の現実が刻々と迫ってくる。

悲しいことも
楽しいことも

無になったことも

でも
自分の足下を見ると
できること
やれることいっぱいある。

ちいさなシアワセを感じられることも。

ふーーーって
深呼吸して
いつものように
歩いていこっか!

投稿: Tか | 2011年3月29日 (火) 13時19分

地球にとっての人類って、
自分の母体をも破壊するガン細胞だとも言われていて、
悲観的にはなりたくないけど、
今がブンメイのシンポのターニングポイントの様な気がしている。
でも新興国も文明の恩恵を与ろうとする勢いは止められないしね。
だからいっそニホンは自ら舞台を降りちゃうってのは・・・

まあ妄想に近いけど。

両生類のカエルは武器を持たない一見かよわい存在だけど、
不思議な生命力と知恵があるような気がしている。

投稿: bon | 2011年3月29日 (火) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「庭での営み」:

« SACHS MADASS マフラー交換!03 | トップページ | SACHS MADASS ちょっと入院 »