« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月21日 (月)

蒸す日の小鉢

夏のような蒸し暑い日が続く今日この頃、
さりとて雨が降るよか何倍もいいが。
夕食のメニューもサッパリ和風で、小料理屋風。

鰹のなめろうユッケ風

100621imgp4721

鰹の刺身を包丁で細かくたたき、
醤油、おろしニンニク、卵黄、ごま油で味付け。
半月にスライスした大根を花びら状に飾って。


焼き物オードブル

100621imgp4509

寒い季節は煮物が恋しいが、こう暑いと焼き物が欲しくなる。
お豆腐屋さんの美味しい厚揚げは、炙って香ばしく
サッパリと雪塩で。
シイタケには、アンチョビペーストを薄く塗りマヨネーズ焼き。
女将、〆針鶴を冷やで!


豚茄子味噌

Imgp4243

暑いからサッパリとは、大人の言い分。
おかずをプリーズと子供は叫ぶ。

ニンニク、生姜、ごま油で豚肉と茄子をしっかり炒めプチトマトも投入、
甜麺醤と豆板醤、醤油少々で味付け。

酸っぱくないキュウリもみ

100621imgp4510

大人になり酒を飲むようになって、酸っぱいものが苦手になった。
せっかくのほろ酔いが覚めるような気もするし、
ゆるんだ頭蓋骨の隙間にしみるような気もするし・・・

薄く切ったキュウリは塩水で揉んで冷水で洗い絞る。
若布、おジャコ、ちくわと和え、
濃縮ソーメンつゆとポン酢少々で味付け。

酒飲みは少し盛った小鉢がいろいろ、というのがうれしい。
冷や奴一切れ、もろきゅう半切れでもいい、違う味付けが欲しいのだ。
家族皆の分も、その調子で作るので洗い物がちと大変。

Bondon_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

オムソバ

またしても前の晩の残り物、焼きソバ

ソース味ではなく、ナムプラー味のシーフード焼きソバだ。
パスタでもピラフでも、焼きソバも焼きうどんも、
残り物は何でも、オム化!

オムレツの包容力は半端じゃなく広い。

100524imgp3598

“bonのブランチお一人様”改めて見てみると、
玉子付き多いなぁ(=´Д`=)ゞ

Bondon_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

SACHS SPIDER さて・・・

いつぞや、脱落してHONDAのパーツに代替した、ジェネレーターカバーのキャップ。
マーク確認用の小さい方も、HONDAパーツに。

100607imgp4197

100607imgp4193

左が純正のプラ製。
こんな小さなパーツだが、アルミ削り出しの質感で見た目がぐっと引き締まる。
CAP, ALTERNATOR 90084-471-000
O-RING (13.8X2.5) 91303-377-000

キャブレターのセッティングは、
ほぼ決まったと思ったのだけど意識して走っていると気になる瞬間がある。
(現在MJ88、ニードル3段目)
アクセル急開で息つき、
3速から4速に掛けての吹け上がりが特にもたつく。
この辺り、日によってフィーリングが違うような気がするし、
休日は、行事や雑用が多くてバイクに構ってやれるのは1〜2時間くらい。
キャブについては、あまりせかせかととっかえひっかえするよりも、
気長に様子を見ることにした。

キャブレターを弄っていくうちに、無謀にもエンジン内にも興味が・・・
横型エンジンの教科書とも言える、KITACOの横型エンジン虎之巻!
腰上編、腰下編を購入。

100615imgp6039

ネット通販だが、何故かKEIHINの大きなステッカーがオマケに入っていた。
レトロでカワイイが、どこに貼ろうか?

100615imgp6040


この年になって学習の楽しさが解るようになってきた、遅すぎるが(^-^;
bonの趣味である、きのこ狩りや自然採集もそうだが、
デスクワークとフィールドワークのバランスが大切。
知識と技術と経験、この積み重ねしかない。
もう10年早く目覚めたかったかな(*´σー`)

Bondon_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

トマトつゆソーメン

巷ではトマトラーメンなるものが流行ってはいるけど、
これは、かなり前から我が家の定番。

タイカレーを掛けたりとエスニックな味付けや、
ソーミンチャンプル等など、懐の深いソーメンさんなら何でもこなすが、
我が家のトマトつゆソーメンは、和風味は崩さず清涼感で勝負。

100607imgp4198

濃縮タイプのめんつゆと、フレッシュトマト
もしくは缶詰のカットトマト(カゴメなどの日本製がベター)を合わせるだけ。
トマトが青臭いようなら、ナツメグ少々とチリソース(タバスコ)もしくは粉末チリを。
薬味はお好みで、シソ、ミョウガ、みじん玉葱など、
オリーブオイルを数滴たらすのもグー。

sun暑い日のお昼、つゆはよく冷やして。

Bondon_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

谷津田の風景

晩秋に訪れて野ウサギと遭遇した、谷津田の保全地区。
ここでは地元の小学生やボランティアの方々が無農薬の水田を作っている。
そろそろ田植えの頃かと行ってみた。

100607imgp4202

水を張った水田って、なんてココロ和むのか。
11歳の次男でさえ、そのようなことをつぶやいている。
日本人のDNAに受け継がれているメモリーなのだろう。

ただ現在の近代農業の水田には生き物の気配は無い。
同年代の農家育ちの友人が言うには、小学生のある頃を境に田んぼの周りから
昆虫、小動物がぷっつりと消えたらしい。
昭和4、50年台頃か、全国的に農薬が常用化していき、
土で固めた用水路がコンクリートへ変わっていったのだろう。


モンシロチョウかな?

100607imgp4204


もうシオカラトンボ

100607imgp4209


ヤマイグチ

100607imgp4214


オオミズアオ? ヤママユガの仲間

100607imgp4220

林の中で羽化したばかりでまだ飛べない。
薄暗い中、そこだけほのかに光を放ち、まるで妖精の様。
それになんてラブリーな羽毛、
こちょこちょしたくなる!(しないが・・・)

実はこの日も野ウサギと遭遇、耳をぴんと立て林の中に消えた。
まあるい、おしりのカタチだけが瞼に残る。

午後になると半分陽が陰ってしまうような丘に囲まれた谷津田。
ここ千葉では利用価値が無くなり、それでもハンノキ林へと変わっていくのなら良いが、
丘ごと切り崩して宅地開発、最悪ではゴルフ場になるケースが多い。

目に映る水田の風景もそうだが、生き物の気配やカエルや鳥、虫の鳴き声、
子供たちの歓声もまた、和みの重要な要素。

Bondon_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

SACHS SPIDER “MADASS”リンク

自分的には今が、一番盛り上がっているのだけど、
世間的には、情報が無さ過ぎという状態は相変わらずで、
そもそも買いたくてもモノ自体が・・・

まあこれは、私一人ではどうなるものでもないので、
ここでは、モンゴリのようにカスタムの素材としても人気が上がっている
海外での情報等をまとめてみることに。

◎海外のファンサイト、フォーラム。

ドイツ MADASS Forum

アメリカ MadAss Army Forum

タイ MADASS CLUB

マレーシア MADASS CLUB

いずれもニックネームとメルアドを入れて登録(無料)すれば
掲示板閲覧等フォーラムに参加できる。

ちなみにアメリカMadAss Armyのグレッグさん
2010 MADASS 125のカスタムは、
エンジン:142cボアアップ キャブ:ミクニVM26 K&Nパワーフィルター 
スプロケ:ドライブ15T ドリブン39T  マフラー:POC タイヤ:ピレリ 等々
カスタムを楽しんでいるご様子。
ここの、管理者的な?ミルウォーキーマダスさんからは、コメントをいただいたっけ!

◎各種マニュアル置場

パーツマニュアル SPIDER50S SPIDER125S (モトスタージャパン)

配線図(5つほどあるが、50・125、どれがどれだか?)、
125オーナーズマニュアル(英)、50パーツマニュアル(英)、50サービスマニュアル(英/独)

MADASS ARMY の右下の方にもマニュアルやドキュメントが

125のサービスマニュアルが見つからない、そもそも存在しているのでしょうか?

◎社外パーツベンダー

Moto-Scoot
MadAss Performance Parts and Accessories
MadAss OEM Parts

OORacing充実のアフターパーツ!

POC HMF EXHAUST  このマフラー欲しいです!$329 歯切れの良い音。

MADASSの販売と各種パーツの輸入販売を手がける業者の出現を期待します!o(*^▽^*)o
最初から、お粗末なパーツの交換、シートの変更などで
コンプリートバージョンを作ったら売れるのでは・・・
また、個人輸入でカスタムに挑戦する方、スプロケ辺りからどうでしょう?

◎トピックス&ニュース

Sachs MadAss Challenge MADASSのカスタムコンテスト
1等当選者には、Peirspeed MadAss 125 Special Edition “X” Modelをプレゼント!

タイでは新車が?

Madass2009_1Madass2009_2_2Madass2009_3_2Madass2009_4_2


MADASS 125XX
実はもう1年ほど前から出ているのだが、
大きな変更点は、倒立フロントサスペンション、17インチホイール、荷台、
エンジン周りも若干変わっているような、カラーリングはちょっといただけない。

タイは元々、横型エンジン天国。
このサイズのバイクがシティコミュータとして見事に機能していて
OLや女子学生なども颯爽と乗っています。
タイでは売れているので、新車も出るのでしょうね。

モトスタージャパン様、次はこれのSPIDERをお願いします!´ω`)ノ

Bondon_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »