« お庭防衛軍 | トップページ | 皮パリパリチキン »

2010年5月26日 (水)

SACHS SPIDER 燃調とやらを まとめ

SACHS SPIDERのエアフィルター撤去に伴い、
おっかなびっくり始めたキャブレターの燃料調整。
燃調とやらを01 燃調とやらを02

セッティングするにもジェット類などの専用パーツが見つからない、
と言う八方塞がりから出発した訳だが、
エアフィルター撤去で、キャブへのアクセスが楽なのと、
いざ開けてみると精密機械ではあるけど、理にかなったシンプルな構造。
それから、ネットで検索すれば、長年の経験を惜しげもなく解説してくれる、
ベテランサンデーメカニックの方々のHP。
また、数少ない同じバイクに乗る同志である、よーいちさんの助言等々。
皆様、誠に感謝しております。

セッティングに終わりはないのだろうけど、
一応納得できるフィーリングを掴んだと思うので、
現状の仕様を掲載します。

SACHS SPIDER 125S ('09.3新車購入)

エンジン:ノーマル
マフラー:ノーマル
点火プラグ:ノーマル(NGKCR7HSA)
ガソリン:ハイオク
2次エア供給:カット
純正エアフィルター:武川製エアフィルター(Type-2)03-01-106に変更
ドライブスプロケット(ノーマル16T):17Tへ変更

キャブセッティング/
エアスクリュー:ノーマル値(2回転戻し)
パイロットジェット:ノーマル(#40)
ニードルジェット:ノーマル(#95)
ジェットニードル:ノーマル
ジェットニードルグリップ位置:上から3段目⇒4段目へ変更
メインジェット(ノーマルは#94):#90*に変更
*メインジェットは[ライブDIO/ZX(97-00)ジョルカブ、リード(98−)]用パーツ

プラグ焼け具合
フルスロットル最高速域を試した後、市街地を流してきた。(全10㎞ほど)

100524imgp3621

◎燃調では、2次エアカットでノーマル時のアフターファイアが無くなり
トルクも安定したが、エアフィルター交換で混合気が薄くなると思われたが、
流速アップのためか濃くなっていた。
ノーマルの#94を#90で、フルスロットル時の吹けも良好。
#85でも、薄いという感じではなかった。
もう少し小刻みの番手が欲しいところ。
ただ、キャブレター自体はノーマルのTK製22パイのままなので、
劇的な変化はない。
走りのフィーリングとしての大きな変化は、ドライブスプロケ17Tへの変更で、
1速から2速へのシフトにメリハリが出て、2速では時速50㎞まで引っ張れる。
3速も使える幅が広くなった感じ、4速では最高速が伸びる、
2〜3,000mほど直線が有れば3桁も行くかもしれない。

=========================================================

◎コメントを頂いている、よーいちさんのMadAss125Sのセッティング
(コメント原文まま*一部修正)
エンジン:ドノーマル(現在ハイカム捜索中)
プラグ:NGKイリジウム(体感出来る効果なし)
エアクリBOX:有り(通勤の足なので外せません)
2次エア:カット済み(シグナス125用2次エアキャンセルプレート流用)
マフラー:Mファク(抜けがイマイチだったのでサイレンサー小加工、入院は別理由)
キャブセッティング
 メインJET:KEIHIN丸小#95(まだ煮詰め中、夏場は#92か#90でよさそうな感じです)
 *現状#95⇒#92
 スローJET:ノーマル#40のまま
 ニードルクリップ:上から3段目(冬場は4段目)
 エアスクリュー戻し:2回転
スプロケ:フロント17T
チェーン:DIDシール無し強化品(フリクションロス低減のため)

※よーいちさんのメインジェットについて─
 ノーマルJETをメインJETホルダーに改造し、KEIHINの丸小JETを取り付け

以上、日本では数少ないこのバイクの所有者二人分のセッティングデータです。
少しでも参考になればと思っておりますが、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

Bondon_2

|

« お庭防衛軍 | トップページ | 皮パリパリチキン »

donのバイク日記」カテゴリの記事

コメント

ども。

いや~、マジきつね色ですね!
ただ、もうちょい絞れそうな感じもします。
MJ#88をトライして最終セッティングを決めてみては?

donさんがきつね色で、私が白いのはガソリンの差かもしれませんね。
私はレギュラーなので燃焼温度とかが違うのかな?

投稿: よーいち | 2010年5月26日 (水) 19時15分

よーいち様
こんばんは

>MJ#88
実際#85でもいいかなって感じだったので
でも5刻みしかなかったような・・・
探してみます。

乾いた感じのきつね色でした。
ただ、プラグの色よりエンジンフィーリングでという
アドバイスは、なるほどなと感じるようになってきました。
てか弄っているのまだMJだけですからね(*´σー`)

ハイオクは、ノーマルのときにノッキング気味にカクカクしていたので
入れだして、なんかそのまま続いています。
オーナーズマニュアルに、オクタン価91となっていて、
ドイツのレギュラーは91で、日本は90
ほとんど差がないので、いずれレギュラーに戻そうかなと思っています。

ではまた

投稿: don | 2010年5月26日 (水) 20時25分

こんばんは

MJ#88はホンダ純正部品で手に入ると思います。
ホンダの部品番号には法則があり、
5桁-3桁-0880となるはずなので、
ライブDioのパーツリストで5桁と3桁を調べれば
OKです。


投稿: よーいち | 2010年5月26日 (水) 20時53分

よーいち様

情報ありがとうございます!
#88の単品、キタコから純正部品出ていました。
630円ですが送料が580円 orz
あんな小さいパーツが段ボールで届くのでしょうか・・・
でも、せっかちなのでポチりました!

投稿: don | 2010年5月27日 (木) 15時00分

よーいち様
ご覧になるか分かりませんが、ご報告です。
カスタムシートの制作料金ですが、42,000円とのことです。
結構な価格ですが、当初の計画ではプレミアムパーツとして
もう少し高めの設定だったようです。
シートはドレスアップパーツ的な要素が大きいと思いますが、
制作には、プロのモトクロスライダーや、HDのカスタムビルダーから
その技術と品質を絶賛されている、クリオネスピード製です。
立体裁断による形状の美しさや、縫製の技術や素材の品質の高さは唸るモノがあります。
使用感は固すぎず柔らかすぎず、ノーマルより疲れません。

試作品のままでストップしてしまったので、かなり饒舌になってしまいましたが(*´σー`)
今後の検討材料程度にお考えください。
またシートは、完成まで試乗車用のシートを貸してくれるそうです。

MJの件(現在#90)、
土日とも家族の行事が立て込んで日曜の夕方、ささっと走らせてみました。
気温が低めだったせいか、すこぶるよく回り
念願の3桁行きました。3桁ジャストでしたがまだ伸び代があったように思います。
これから、夏にかけては#88でドンぴしゃかもしれません。

#88やっぱり段ボールでの配送、
家族からは、また何か買ったの〜?の視線・・・

投稿: don | 2010年6月 1日 (火) 12時24分

おせわになります。

シート情報ありがとうございます。
只、42,000円はちょっと手が出ませんねぇ~(汗)
残念ですが諦めます。

3桁おめでとうございます。
私もMJは今#90を付けてます。
#90にしたところ、中間域が若干薄くなってしまったので、
裏技を使ってニードルを3.5段にしたらばっちりです。
しかし、カムが低中速型なので、幾ら吸排気を弄っても
これ以上は速くなりそうにありませんね。
ますますハイカムが欲しくなってきました。

ではまた。

投稿: よーいち | 2010年6月 2日 (水) 19時00分

よーいち様
こんにちは
中華エンジンの125は、いろいろ弄らないと3桁きついでしょうし、
モンゴリのボアアップと比較してもそこそこ早いんじゃないでしょうか。
私はまだエンジンを弄る勇気がないので、
よーいちさんのハイカムには、とても期待しております。

投稿: don | 2010年6月 3日 (木) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279198/34877271

この記事へのトラックバック一覧です: SACHS SPIDER 燃調とやらを まとめ:

« お庭防衛軍 | トップページ | 皮パリパリチキン »