« パーパレード | トップページ | 牡蠣豆腐一人鍋 »

2010年2月15日 (月)

すいとん

すいとん、「水団」と書くそうだ。
自分の親たちの世代では、戦時中の物のない時代の食べ物で
あまり思い出したくない味のようだ。

我が家では、野菜もたくさん摂れて身体も温まる人気のメニュー。

100215imgp1364

大根、人参、ゴボウ、里芋、長ネギ、シイタケ、ナメコ、小松菜
コンニャクや油揚げ、何でも具だくさん。

大きめの鍋で、ごま油をひき火の通りにくい野菜を炒める、
いりこの出し汁を注ぎ、すいとんを投入!
すいとんは、その名も「おいしいすいとん」というのがおいしい。
小麦粉を使うなら3割ほど片栗粉を混ぜると、つるんとした食感に仕上がる。

5〜10分ほどですいとんが煮えたら青物を入れ、火を止め味噌を溶き完成!

サッカー少年の次男が泥だらけで帰ってきて、
団子たくさん入れてね!と言ってハフハフとほおばっている。
平和な世の中だから、おいしいのだとしみじみ思う。(*´σー`)

|

« パーパレード | トップページ | 牡蠣豆腐一人鍋 »

bonの料理自慢」カテゴリの記事

コメント

すいとん、いいねっ!
ちくわぶみたいでおいしいよね。
こういうのに入った細かい大根なんかダイスケですわ。

でBOYSたちの昨日の成果は?

投稿: Mにぃ | 2010年2月15日 (月) 12時54分

Mにぃ様
すいとんは外食では無いよね。
ほうとうが近い味かな、
こんどちくわぶの創作料理つくってみる!

チョコどちらもダメ!
長男は受験でてんぱってるし、
次男はサッカーで鬼コーチに強化月間中!
数少ないナデシコちゃんにも貰えなかった(´・ω・`)ショボーン

投稿: bon | 2010年2月15日 (月) 13時41分

ああ、すいとんの味は親父の味・・・
子供の頃、親父がよくつくってくれたよ・・・

世田谷育ちの親父は疎開してたらしいけど
貧しい時代のイヤな思い出をその当時の「食」として教えてくれた。

はじめて食べたとき、以外にも旨いと感じ病みつきに。
ちくわぶ好きってゆーのも、そっからなんだろーなぁ
ほうとうも。

でもさ、子供って小麦粉系好きだよね!

あ、今晩7時でつね!!
寒いからちょうどいい店だにゃ〜〜
楽しみ!!

投稿: Tか | 2010年2月16日 (火) 08時07分

Tか様
おらも親父の料理を憶えてる。
イカと里芋の煮付け
醤油辛くて酒飲み用のつまみだったんだろうな。
まあ外で飲んでる方が多い人だったけど。

投稿: bon | 2010年2月16日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279198/33386461

この記事へのトラックバック一覧です: すいとん:

« パーパレード | トップページ | 牡蠣豆腐一人鍋 »