« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

こんどは雉

先々週は野ウサギの出現
かなりコーフンしてしまったのだが、
今度はキジである。

いやはや野生動物はまだまだしぶとく生きている。

12/27

いつもアラゲキクラゲが採れる倒木の下、
3mほど接近したとたん
ドシドシドシと駆け出してきて低空飛行で森の中へ消えていった。
(つまりまた写真無し)
そしてしばらくして威嚇するような鋭い鳴き声が
森の中から聞こえた。

今度、写真ゲットします。
燃えましたヽ( )`ε´( )ノ

この木の下に隠れていた

Imgp5978

2週間ほど雨が降っていないので
森の中は乾燥していて、きのこは少ない。

小さなエノキタケ

Imgp5980

引き抜いてみると、光のある方へ柄を長く伸ばす
エノキタケらしい特徴が!

Imgp5983_2

これ、粘菌の一種だと思っていたが
きのこだった。
マメザヤタケ
英語で dead man's fingers
「死者の指」と呼ばれているらしい。(((゚Д゚)))

Imgp5990

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

馬刺し そして ホンシメジ

お歳暮で馬刺しを戴く。
熊本の逸品
シェバリーヌの鮮Sen
テーブルにほほえみ広がる
ヘルシーな自然の味わい

だそうだ。

コレで少し仕返しができる。
見えない敵と戦っているので気にしないで・・・

Imgp6002

Imgp6025

Imgp6029

ほとんど脂がのっていない赤みの肉
ねっとりとした舌触りで
生臭さもなく上品な味わい。

柵の端っこは、たたいてユッケ風にした。
ごま油もコチジャンも入れないのでユッケとは言えないか・・・

○ユッケ風タレ
醤油
味醂(アルコールを飛ばしたもの)
生姜
松の実
卵黄

*************************************************************

珍しいものもうひとつは
妻が買ってきた
三重県産「大黒本しめじ」

薫り松茸、味占地。
と言うけど
マツタケと同じく菌根菌
人工栽培は難しいと言われていたが
どこぞの、きのこ錬金術師が成功させたようだ。

Imgp6005

3本で400円Σ( ̄ロ ̄lll)
前に見たときには600円だったので(そのときは観察だけで・・・)
それでも2/3の値段に!

シイタケと大きさ比較

Imgp6008

ぱっと見は、かっこいいエリンギ!
質感はエリンギよりかなり柔らか。

アタマ(傘)
赤ちゃんの産毛のよう・・・
かわいいヽ(*≧ε≦*)φ

Imgp6014

薄く切って

Imgp6015

土鍋で
ホンシメジの炊き込みごはん

Imgp6022

さすがホンシメジ
栽培物でこの旨味はなかなかの物
薫りも上品。
幻のきのこがご家庭で味わえる。
是非おためしあれ!

ホンシメジ3本
米2合
鶏胸肉100g
酒大さじ1
醤油

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

イブイブはサラダだけ

今年のクリスマス
イブイブもイブも家族そろっての夕食はムリそう。
それでも、イブは鶏の脚なんぞ食べないと子供らの気が済まないだろう。

イブイブはアツアツ出来たー!ってなご馳走はヤメといて・・・
ワンディッシュディナーで色々楽しい
サラダチラシ寿司

具をたくさん用意
小海老、イカ、サーモンなどは軽く塩とレモンを
その他ホタテの貝柱は、レモン+オリーブオイル+塩+ハーブでマリネに
まぐろ赤身は、醤油と山葵でヅケに
糸三ツ葉やプチトマトも

Imgp0287

サニーレタスに寿司飯を盛って更にレタスをのせる

Imgp0288

色合い的にはクリスマスデコレーション!

Imgp0295

アボガドも添える予定だったが開いて見て、
色が良くないのでやめてしまった。

それと、最後にワンタンの皮を揚げたものをトッピングすると
アクセントになったのだけど忘れてしまった。

薬味には粒マスタードが不思議とよく合う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

ブランチお一人様

お父さんの休日は、一人遅めの朝食。

わざと外してるんじゃないよ。

でも、“とろーり”が見つかると

皆、一口ちょうだいって!


KIRINの完熟トマトのスープで作るカンタンリゾット

コレ優れもの

Imgp5852

KIRINの完熟トマトのスープ+ごはん+水+ピザ用チーズ
火に掛け混ぜ合わせる。

ベーコンエッグはターンオーバーで1分。

Imgp5845

でた“とろーり”o(*^▽^*)o

Imgp5849

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

ナラタケ最後のストック

11/8のナラタケフィーバーの日
冷凍ストックが最後の一つに・・・
何に使おうか迷ったけど
家族みんなが大好きな里芋の煮物に。

ナラタケと鶏挽の里芋煮

Imgp5775

里芋、大好きなんだけど皮をむくのがタイヘン
両端を切り落として八角に
一二三四五六七八とつぶやきながら根気よく。

挽肉はそのまま炒めると団子になってしまうので
日本酒と水を入れ、粘りを消してから炒めるとぱらぱらに。

今回も出し汁は入れない
ナラタケからでるこっくりとした旨味と鶏挽きで充分。

○食材
ナラタケ
鶏挽き肉
里芋
コンニャク
小松菜

○調味料

味醂


醤油

**********************************************************

おまけ
和風チャンプルー

和風?
沖縄のチャンプルー精神を大和風に
色味的にはゴーヤチャンプルー
あり合わせで、もう1品って時に・・・

見た目のコツは溶き卵を回し入れたら
火を止め、あまりかき混ぜない。

Imgp5779

○食材
厚揚げ(豆腐)
薩摩揚げ(肉でも何でも)
小松菜(青物何でも)

○調味料
サラダ油
昆布茶(粉末出汁の素)
醤油

食べる前に削り節を振りかけて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

イカの塩辛できたて即食い

なんやら、あさましい タイトル!

待てないのではなく
この、即が好きなのである。

イカの肝和えと塩辛の中間、
イカの刺身の塩辛ソース和えcopyright
てなかんじ!

Imgp5829

新鮮な真イカ(スルメイカ)をさばき
目の上あたりから切り離した肝に塩をまぶし(肝一つに対し大さじ1パイ)
小鉢に入れて冷蔵庫で最低1時間寝かせる(できれば3時間くらい)
おろしたイカの身は皮をむき、
ゲソ等も一緒にキッチンペーパーにくるみ冷蔵庫へ。

肝が2/3ほどに縮み、
小鉢の底に貯まるほど水が出たら
肝を水洗いして
キッチンペーパーで水気を吸い取る。

最後に食べやすい大きさに切ったイカ刺しと肝を和え、
塩加減をみながら醤油をたらす。
で、即食い!happy01

大根おろしや柚子などの薬味を添えても・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

大都市の終点では・・・

千葉県千葉市は政令指定都市
政令で指定する人口(法定人口)50万以上の市のこと。
全国に18都市あるらしい。

東京に隣接する県の政令指定都市は千葉市以外に、横浜市、さいたま市。
この3都市を田舎度で比べたら・・・
なんてブログ炎上間違いなし(((゚Д゚)))

そんな不毛な比較をしたい訳ではないけど
私の住んでる千葉市という所は
東京が肥大化していった巨大コロニーの一番端っこなのだな、と

東京から北や西へは、横浜市、さいたま市を超えても
まだまだ先へ途切れなく宅地化が進んでいる。
でも東京から東の千葉市から先は何かぷっつりと
都市の気配が消えていく感じがする。

それはグーグルマップの衛星写真を見ても
千葉市を境に東方へ緑地が残っているのが分かるけど
実際に住んでいると体感としてよく分かる。
閑静な住宅街に隣接したある境界を過ぎると
突如として自然の生き物の気配の濃い空間があるのだ。

何かすごく語ってしまったけど(*´σー`)
500m間隔にコンビニがあるような住宅街から道一つ隔てた場所で
野ウサギを見てしまったから・・・
それは目の前を猛ダッシュで走り去り、
ウサギと認識できた時には消えていた。(ごめんなさい写真無し)

12/13
ということで、いつものbonの自然観察
先ずはおにぎり用意!
作りすぎ( ^ω^ )

Imgp5787

千葉市郊外
小高い丘に囲まれた昔は田んぼだった跡地
この先、目の前を野ウサギが横切った。

Imgp5789


シイタケ
これは小学生の観察用の原木栽培
うまそーだが見るだけ。

Imgp5795


その横にニガクリタケ(毒)

Imgp5793


ウスヒラタケ?
幹が菌で真っ白
でも手の届かない高い場所

Imgp5803


こちらはヒラタケ
ぽつんと一つだけ

Imgp5805


アラゲキクラゲ陽が透けてきれい
きくらげ、漢字で木耳
そう言えば木に付いた耳のようだ。

Imgp5806


流れてしまったウスヒラタケ?
ちょっと遅かった。

Imgp5812


ブローチにしたくなるような
ムラサキシキブの実。

Imgp5818

森が風を遮り街中よりも暖かい・・・
この季節、訪れる人も少なく
とっても静かで居心地の良い空間。
場所の名前は書かないことにします。(o^-^o)

| | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

SACHS MADASS 世界中で?

このごろ話題は「きのこ」と「料理」に
donはどこに行っちゃったのやら・・・

寒いけど乗っていますよ100%ちょいのり!
けど磨いている時間の方がたぶん長い。

今日はあいにく全国的に雨
パソコンでYouTubeでも見て過ごそう。

2010 SACHS MADASS 125 USA
ウインカーやストップランプ等の保安部品がアメリカ仕様で大きい
日本仕様のSPIDERに装着されたヘルメットホルダーとグリップアームは無し
そのほかチューブレスタイヤなど、typeSと呼ばれている今の仕様とほぼ同じ。


アメリカ ミルウォーキーのMoto-ScootというショップPV
おっきなアメさんたちが50or125で・・・
ちょっと(´,_ゝ`)プップッ


これ元は50のMADASS
アルミ削りだしスイングアームとか・・・
かなりいじってます。


いますよね
常人には全く理解できない改造をする人・・・
この方はドイツ人のよう。


日本代表
ジムカーナにトライ
やっぱり、リヤブレーキ鳴く癖が!


最後にとっておき!!
SACHS MADASS 50 いってみれば原チャリ
それが、これほどモテモテにアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

タイやインドネシア、中国
アジアでもMADASS、ケッコウ熱そうなので 集めてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

きのこdeパスタ

12/6の収穫分
色々なきのこが少しずつ
ヒラタケ アラゲキクラゲ ハナビラニカワタケ エノキタケ 
ヌメリスギタケ(柄が細くて判断できなかったけどモドキじゃないような・・・)

Imgp5765


きのこパスタ
数種類のきのこ料理は汁物が旨いのだけど
醤油バターと相性バッチリな和風パスタで!

Imgp5767_2

○食材
きのこ色々
鶏肉orベーコンでも
玉葱
小松菜(ほうれん草)

○調味料
ニンニク×オリーブオイル
アンチョビ少量
日本酒
味醂
醤油
胡椒
バター

出汁やコンソメはいらないと思う
合わせるとき、ゆで汁を多めにそそぐ
きざみ海苔を振りかけてもグー!


キクラゲ中華風サラダ
生のキクラゲはさっと湯がいて歯ごたえを楽しむ料理で

Imgp5770

○食材
キクラゲ
小海老
キュウリ-麺棒などでたたいてからブツ切り
プチトマト

○ドレッシング
醤油
鎮江香醋(黒酢)
砂糖
ごま油
五香粉

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

きのこ今年はまだまだ出る?

12/6
もう師走というのに、このぽかぽか陽気はなんだろう?
このところ行けば何かしら採れるので、
お昼過ぎからいつもの場所へ来てしまった。

ヒラタケ
初冬のきのこ
欧米ではオイスターマッシュルームの名で

Imgp5738
Imgp5740


ハナビラニカワタケ
前に流れた立ち枯れのコナラから

Imgp5741


ニガクリタケ 猛毒
クリタケとは似ても似つかないが・・・

Imgp5742


銀杏の葉の絨毯

Imgp5746


ヌメリスギタケモドキ
前日の雨で傘の粘性が増して鱗片が目立たない

Imgp5753


エノキタケ
先週残してきた幼菌が中学生くらいに育った

Imgp5754


綿帽子のおじぎ
バイバイまた来週(*^-^)/

Imgp5758

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

昭和な広告塔

京橋の巨大ペンキ缶、まだ有ったんだね。
でもこれじゃ銀座方面から見えないじゃないか!

広告塔として機能しなくなったら
無くなってしまうのかな・・・

Imgp0257


Imgp0257_3昭和のいたずら小僧なら、こうしてくれる!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

ナメコの佃煮ごはんがススム君

エノキタケの佃煮でなめ茸ってあるけど
瓶詰めで思ったより内容量が少なく
あっという間に無くなってしまう
まあそれは好きだからかもしれないけど・・・
袋つめお得用とか無いのだろうか?

エノキタケの佃煮は自家製が簡単にできるけど
市販のものと比べると
なめ茸の、なめなめ成分?とろみが出にくい。

なめなめと言えばナメコ!
市販の湯通し済みナメコを使って
おいしい佃煮を作ってみよう。

ナメコをさっと水洗い(今回は4袋使用)
お酒適量
味醂適量
砂糖好みで
を火に掛け、ナメコがしんなりしてきたら
家にある佃煮や塩昆布など
味の濃い市販品を入れてしまう。

これを入れるかどうかで大違い!

Imgp5626

煮詰まったら水を少し入れ又煮込むことを
15分ほど繰り返し
ナメコと佃煮が同化してきたら味見をして醤油を足す
又、とろみの水分がきのこの分量の半分くらいになるよう水を足し調節
少し濃いめの味付けで出来上がり。

好みで、南蛮(唐辛子)や粉山椒を混ぜ大人の味にも・・・

Imgp5629

熱いうちに瓶詰めにして完成
冷蔵庫で2週間は保つ
煮直せばさらに2週間

Imgp5634

大根おろしで晩酌、又は蕎麦と・・
もちろん炊きたてご飯に最高!

Imgp5696

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

寒い日はブリ大根

用事で茨城県の守谷と言う所まで行ってきた
TXの開通で都心への通勤圏内に。
区画整理で新しい住宅も増え、
地名は「つくばみらい市」なんて
アトムが飛んでいきそうな・・・

それでも大利根のほとり
広大なデルタ地帯だった頃のなごりの風景

Imgp5717_1_2

きのこでも付いていないかと入ってみたが
湿地の中をかなり奥まで小道が続いていて
日も暮れそうなので引き返した。

小さな畑の傍らに咲くジャノメソウ
初夏に咲く花が今頃に・・・
寒そうに黄色い花を揺らしている

Imgp5720_2

晩秋と言うよりもう冬のおとずれ
寒いのは大嫌い
大好きなモノを食べて
ココロを中和させよう

ブリ大根

Imgp5698_2

ブリが大根に味付けしてくれる
とても簡単な料理だけど
下ごしらえでもっと美味しくなる。

大根は米のとぎ汁と一緒に
完全に火が通るまで下ゆで

ブリのあらも熱湯を掛けた後冷水で洗う
後は調味料と共に煮くずれないよう1時間以上コトコトと・・・

○食材
ブリのあら
大根

○調味料

味醂
砂糖
醤油
出汁
生姜

白髪ネギor万能ネギ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »